BCAAとはバリン・ロイシン・イソロイシンなどの必須アミノ酸のことであり、積極的に摂取することで男性には嬉しい様々な効果を期待することができます。私たちの体を構成する筋肉はタンパク質から作られており、筋トレやダイエットでは良質なタンパク質を積極的に摂取することが重要なポイントになります。このタンパク質をより吸収しやすい小さな分子構造にしたものがアミノ酸であり、中でも必須アミノ酸は私たちの体内で自然に作られることがないため、食べ物などの形で外部から積極的に摂取することが必要になります。BACCと呼ばれるバリン・ロイシン・イソロイシンも必須アミノ酸の一種であり、私たちの体内においては筋力強化や脂肪の燃焼、運動能力の向上や筋肉疲労の回復などに高い効果を発揮するのです。

私たちが激しい運動を行うと、筋肉が分解されアミノ酸として消費されることになります。運動では糖や脂肪が燃焼されエネルギーとして活用されますが、さらに不足する分は筋肉を分解することでエネルギー源とされるのです。運動直後の筋肉は大きく傷ついた状態となるため、アミノ酸を積極的に補給して筋肉の修復に努めることが必要になります。BCAAなどのアミノ酸についてはスポーツに本格的に取り組むアスリート向けというイメージが強いのですが、実際には一般的な人にとっても効果的な成分なのです。脂肪燃焼を目的としたダイエットに取り組む人なども、BCAAの積極的な摂取を検討してみてください。

BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)を多く含む食品とは

BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)は、たんぱく質の構成成分の必須アミノ酸なので、たんぱく質が豊富に含まれる食品から摂取することができます。BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)はマグロやサバなどの魚介類、鶏肉や豚肉、牛肉の肉類、豆腐などの大豆製品、玄米や白米の穀類、牛乳やヨーグルトなどの乳製品、卵などに特に多く含まれています。またそれ以外でもそら豆やトウモロコシやブロッコリーなど野菜類、ひじきやワカメの海藻類、落花生やアーモンドのナッツ類、果物からでも摂ることが可能です。日頃からバランスの良い食事を食べることでBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)を無理なく摂取することができます。

BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)の効果を高める摂取するタイミング

BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)は運動するものの強力な助っ人ですがより効率的に摂取するためにはタイミングというものがあります。運動中筋肉のタンパク質の分解を防ぐためにはBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)をトレーニング開始30分前に摂取することが望ましいようです。そうすることで血中濃度がピークに達したときトレーニング開始になるからです。トレーニング開始30分前に摂取すると脳が疲労感を感じにくくするので、運動中の集中力を持続させることができるそうです。
またトレーニング直後にBCAAを摂取すると筋肉量が増えるということが分かっているようです。筋タンパク質の合成率が高いという報告もあるそうです。

BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)を過剰摂取した場合の副作用とは

今や筋トレのお供といえば、プロテインではなくBCAAが一般的になって来ました。BCAAとはバリン・ロイシン・イソロイシンという必須アミノ酸、摂取することで運動による筋タンパク質の分解を防ぎ、中枢性疲労を軽減することができます。

良い効果が高くダイエットのために活用している方も多いですが、副作用もあります。過剰摂取は避けて適正量を心がけましょう。大量に取ると筋肉ですべてを代謝することができなくなり肝臓で代謝しなければならなくなるので肝臓を酷使してしまうことに、やがては肝臓の機能が低下してしまうのです。それに、同じくオーバーワークに陥ることで腎臓機能の低下も招いてしまいます。一度機能が低下してしまうと元に戻ることはないため、十分に注意しましょう。