ポリメトキシフラボノイドは柑橘類の皮の部分に多く含まれているもので、様々な体に対する効果を及ぼすことが確認されており、積極的に摂取したい栄養素です。

ビタミンCが柑橘類に多く含まれている事はよく知られていますが、柑橘類にはその他にも人間の体を正常に維持するために様々な栄養素が含まれており、その中でもポリメトキシフラボノイドは有害物質の体内への影響を防ぎ、健康で健全な体を維持するために必要な効果をもたらすものとして注目されています。

特に注目されているのが、NO(一酸化窒素)の発生を抑える効果です。

NO(一酸化窒素)は様々な食物を消化する際に発生するものですが、これが人間の体にとっては有害な物質となり、脂肪の燃焼を妨げ肥満の状態を作り出したり、また血液の中に混入して血管に影響を与え、動脈硬化を引き起こすなどといった問題を発生させます。

ポリメトキシフラボノイドはこれらの症状の原因を改善させることで、動脈硬化予防や肥満やメタボ予防といった効果を示すことが確認されています。

さらにポリメトキシフラボノイドはED改善にも効果のあることが最近わかっているものです。

EDの原因の1つに血流が悪くなり中折れ等が発生すると言うものがあり、この血流の改善を行うためにPDE5と呼ばれる物質を阻害するための薬を利用することが多いのですが、ポリメトキシフラボノイドはPDE5を阻害する効果を持っているため中折れ防止やED改善に効果を示すことが明確になっているのです。

そのため、単に健康のための食品としてだけではなく、ED改善のための食品としても効果的に利用されています。

そもそもポリメトキシフラボノイドって何?

ポリメトキシフラボノイドはフラボノイドの一種で、病原菌に対して抗菌力を有しているのが特徴です。

様々な研究がおこなわれていて、健康促進効果があると期待されています。

例えばガンに対する様々な作用が期待されていて、発がん抑制やガン細胞が分裂して増えるのを抑える効果や抗がん剤の作用をより高める効果といったものなど、ガン治療で注目を集めている物質です。

ガンだけでなく、動脈硬化や脂質の代謝、血圧上昇や血糖値のコントロールなど生活習慣病の予防にもよい効果があるといわれています。

その他にも記憶障害の改善作用などアルツハイマー型認知症の予防や治療、リウマチなどの関節の炎症や紫外線による炎症などを抑える効果が期待されています。

ポリメトキシフラボノイドはどんな食べ物に多く含まれるのか?

近年様々な研究とその効果が発表されているポリメトキシフラボノイドは多くの健康作用が発見されており、発がん抑制やがん細胞増殖抑制などのガンに対する効果も認められています。

その他にもメタボリックシンドロームやアルツハイマー病の予防や治療にもその効果を期待されているポリメトキシフラボノイドは柑橘類の果皮に多く含まれていることで知られています。

マーマレードなどの柑橘類の果皮は、18世紀の頃からマーマレードジャムなどに加工されており、200年以上野間だ人々に受け継がれてきた食物でもあります。

漢方薬にも使用されている陳皮や青皮なども柑橘類の果皮であり、多くのポリメトキシフラボノイドが含まれていることでも知られているのです。

ポリメトキシフラボノイドを食べ物から摂取するのは難しい

ポリメトキシフラボノイドを摂取するにはクラチャイダムのサプリメントから摂取するのが効率的です。

ポリメトキシフラボノイドは柑橘類などの果実にほぼ含まれない、食品からの摂取が難しい成分となっています。

一方でクラチャイダムサプリにはポリメトキシフラボノイドがたっぷりと含まれていますので、サプリメントとして摂取することで効率的に体内に取り入れることができます。

さらにアミノ酸やミネラルやポリフェノールなどといった健康に効果的な成分が豊富に配合されていますし、アルギニンやBACC(バリン・ロイシン・イソロイシン)などの成分もたっぷりと含まれていますので、男の自信を取り戻したい人もポリメトキシフラボノイドの積極的な摂取を検討してみてください。