人が快眠する上でとても重要なのが、セロトニンとメラトニンという物質が脳内で生成されることです。
この二つが脳内で生成されるのに必要な成分がトリプトファンです。
メラトニンは、入眠を促す効果があるので、なかなか寝付けないという人は不足している可能性があります。
セロトニンは睡眠や疲労回復にはとても大事な成分で、このセロトニンを作り出すのにトリプトファンが必要となってきます。
セロトニンが不足してくると、質の良い睡眠が取れなくなり、睡眠不足だけでなく集中力の低下や成長ホルモン不足に陥るので、肌質が低下してしまいます。
セロトニン不足の原因はトリプトファン不足が主な原因なので、疲れが寝ても取れない、寝た気がしないというのはトリプトファンが原因の可能性があります。
トリプトファンは脳内に運ばれるとセロトニン以外にもドーパミンなどの神経物質を作る材料になっています。
セロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれていて、不足するとイライラしたり精神的に不安定になったりします。
なので、最近なんだかイライラしたり精神的に不安定と感じる人は、トリプトファンが不足している可能性があるので要注意です。
よく眠れて、集中力もあがるので足りない生活を送るのはとてももったいないです。
体内で生成することができないので、食事にトリプトファンを取り入れないといけませんが、珍しい食品にしか入っていないというわけではないので積極的に取るように心がけましょう。

トリプトファンとは?

トリプトファンは残念ながら体内で生成することができないので、トリプトファンを補うにはサプリメントか食べ物で補う必要があります。
セロトニンを多く体の中で分泌させるためには、毎日たんぱく質を取ることが必要になってきます。
野菜中心や炭水化物中心の生活ではトリプトファンを補うことが難しいです。
ダイエットをしていて野菜中心の生活をしているひとや、忙しくて丼ぶりものの食事ばかり作っているという方は、トリプトファン不足に陥っているかもしれません。
野菜中心の生活や丼ぶりものの食生活を送っていて、最近睡眠不足やイライラしやすいなと感じる方はトリプトファンを補うためにお肉や卵などを取り入れた食生活に変えてみてはいかがでしょうか。

トリプトファンの副作用とは?過剰摂取した場合の危険性について

必須アミノ酸で体内では生成することのできない物質なので、毎日摂取することをオススメしましたが、取りすぎるのも実はよくありません。
確かにトリプトファンには安眠効果や精神安定などたくさんの効果がありますが、過剰摂取は副作用を起こす危険性があります。
主な副作用は、肝機能の悪化です。
すでに肝臓が弱っている方、肝硬変などの病気を持っている方が過剰摂取をするとさらに悪化させてしまいます。
トリプトファン自体も取りすぎると肝臓を刺激してしまうのですが、トリプトファンが多く含まれているタンパク質も取りすぎると肝臓に負担をかけてしまいます。
厚生労働省が推奨している一日6000mgを超えないように気を付ける必要があります。
食品で一日6000mgを取ることはとても難しいので、食事からトリプトファンを取ろうと考えている人は問題ありませんが、サプリメントで取ろうと考えている人は注意が必要です。

トリプトファンはどんな食べ物に多く含まれるのか

トリプトファンはタンパク質に多く含まれています。
特に、魚介類ならばマグロの赤身やカツオに多く含まれています。
肉類ならば、豚肉に多く含まれているのでレバーなどの内臓やホルモン系が苦手な人でも手軽に補うことが出来ます。
他にも乳製品や白米やパスタなどの炭水化物にも含まれているので、サプリメントで主にトリプトファンを補おうと考えている方は過剰摂取を気を付ける必要があります。
肝臓や腎臓に持病ある方の場合、厚生労働省が推奨している一日あたりのトリプトファン摂取量よりも多く取ってはいけない可能せいもあるので、睡眠改善や精神安定などでトリプトファンの摂取量を増やそうと考えている人は病院の主治医と相談しながら取りいれることをオススメします。
日本人は納豆や醤油、味噌を食べる文化があるのでメニューに飽きることなくトリプトファンを摂取できると思います。
トリプトファンを毎日の食事に取り入れて、快適な生活を送りましょう。