男性にとって欠かせないテストステロンは、男として必要なものであり、これが減ることによって男性としての魅力が減るといっても過言ではありません。

そんな男性ホルモンであるテストステロンを増やす方法はいくつかありまして、簡単な方法としてあるのが筋トレをしっかりやることです。

有酸素運動ではなく、少し厳しめの筋トレが有効的であり、短時間でしっかり行なうことで分泌を促すことができます。

毎日の生活習慣を整えることも大事であり、食事は肉類や魚介類など食べ物を取り、ビタミンDや亜鉛を意識してみてください。

ビタミンDは魚介類に多く含まれていますし、肉類は良い筋肉を作るために必要不可欠となります。

どうしても食事だけでは必要な栄養素が摂取できない場合は、サプリメントを使用してください。

特にアルギニンや亜鉛などの成分を多く含んだものがおすすめですし、誰でも気軽に利用できるのも嬉しい点と言えるでしょう。

また毎日の生活のなかでは睡眠の質を上げることも大切で睡眠不足が続くとテストステロンが減ってしまいます。

ホルモン分泌のゴールデンタイムと言われる夜の22時から2時の間は睡眠を意識してみるのも良いかもしれません。

オナ禁をすることによってもテストステロンを増やすことができまして、単純にマスターベーションをするから数値が下がるだけではなく、自分一人で行なうからパートナーを探さなくても良いという風な精神的なものもあり、ある程度我慢して限界を伸ばしていくことも大事です。

テストステロンが増える事で期待出来る効果とは?

まず「テストステロン」とは、男性ホルモンの一つです。男性よりは少ないものの、女性の体内にも分泌されています。

男らしさを作る成分でもあり、男性ホルモンの代表とも言われるほど。社会活動において主張する際に必要なホルモンでもあるので、社会的ホルモンと言われる事もあります。

声が大きくハッキリと自分の意見を主張できる人には分泌量が多く、男性としてのリーダーシップを発揮するためにも大きな役割を果たしています。

テストステロンが増える事で期待出来る効果は沢山ありますが、まず性欲がアップしたり生殖器の育成に好影響を与え、精液が増える働きがある事が一番に挙げられます。

また筋肉増強にも繋がりますので、モテる男に近づけるはずです。

もちろん生殖器への作用だけではなく、最近ではアンチエイジングへの効果も期待されています。

加齢と共に避けられない生活習慣病の予防や、老化防止にも大きな役割を果たしているのです。

さらに野心や行動力、やる気やモチベーションが高くなるので、心身共に健康的でいる事が出来ますよね。

テストステロンを増やすには、全身の筋肉を使う運動が良いでしょう。激しい運動を短時間行う事で、ホルモン増加に効果的です。健康的にモテる男になれますね。

なぜ、テストステロンは減るのか?

男性に多く分泌される男性ホルモンの一つであるテストステロンは、生殖器の発達などに影響を与える重要なホルモンであり、人間の体毛や髭の成長を運がしたり骨格や筋肉の形成にも多大な影響を与えています。

この男性ホルモンは20代で最も分泌されると言われており、その後加齢と共に少しずつ現象していくホルモンになっています。

とはいえ、テストステロンの加齢による現象は個人差があり、40代でほぼ無くなってしまう人もいれば70代でもしっかりと分泌されている人もいます。

テストステロンの現象は加齢の他にストレスが大きく影響すると言われています。

ストレスを抱えるとホルモンを出さない指令が出てしまい、精巣から分泌されるこの男性ホルモンが減少するのです。

その他にも睡眠不足や疲労、食生活の乱れや不規則な生活による肥満、過度の飲酒や喫煙もこの男性ホルモンを減少させると言われています。

日常生活の乱れなどが大きく影響するために生活の改善に心がけることが大切です。