オナ禁とはオナニー禁止の略で、オナニーを我慢することです。

男性の性欲というのは個人差がありますが、概ね性欲があるのが正常で、性欲を発散するためにオナニーをすることも多いですが行いすぎると身体への悪影響が懸念されます。オナ禁のメリットはすなわちオナニーのデメリットを改善することに繋がります。

メリットとしては時間・男性ホルモンの2つです。基本的に実感できるのは時間に余裕が生まれることで、オナニーをするには相応に時間を費やします。

個人差はありますが、これが無くなることで時間の有効活用ができるようになります。一方でオナ禁をすると得られるのが活性テストステロンの増加です。

これは男性ホルモンで、男性らしさを作るもので、これが増えることでさまざまな効果を得られます。

例えばドーパミンの分泌を促すことでやる気アップに繋がりますし、脂肪燃焼を助ける効果ではダイエット、また筋肉の成長を促す場合には筋トレ効果が期待できます。

このほかにも記憶力の向上や血行改善、老化防止などで肌荒れやニキビ改善、睡眠の質の改善にも繋がります。

一方で男性らしさが増えることにより顔つきが変わることによって女性にモテるとも言われます。

いずれにしてもオナニーに消費していた栄養も不要になるため体調がよくなることが一般的です。

一方でオナ禁といっても実際のところ効果が得られるには7日後と言われています。このため7日以内のオナ禁では活性テストステロンを増やす効果は期待できないことに注意が必要です。

逆にオナ禁をするデメリットとは?

オナ禁はメリットも多いものの過度なやりすぎはデメリットもあるので、程々に心がけることが大切です。

オナ禁のデメリットとして最初に上げられるのが、男性ホルモンの低下があり男性は射精をする際に男性ホルモンが分泌をされますから、オナ禁をしすぎてしまうと男性ホルモンの低下に繋がってしまいます。

これは男性にとって重要なものであるため、これが低下することによって生殖機能が衰えてしまったり男性的な魅力が乏しくなってしまうことがあります。

前立腺がんのリスクが高まってしまうというデメリットもあり、若い男性ほど適度なオナニーをすることによって前立腺がんのリスクを低下させることができます。

逆にオナ禁をしすぎてしまえば、そのリスクは高まってしまうということになるのです。

オナ禁のサイクル期間やリセットする基準を教えて

性欲が煽られたらリセットするとすっきりとして眠ることができます。しかし我慢をしないで性欲のままに射精をするよりも、オナ禁をすることで男性としての魅力をアップすることができるのです。

オナ禁をすると活性テストステロンというホルモンが増加します。

活性テストステロンが増加すると、筋肉の成長を即してくれたり、脂肪を燃焼させる効果が高くなる、血行を改善して老化防止といった効果が出てきます。

その他にも集中力が高まったり、ドーパミンが分泌されてポジティブ思考になってやる気もアップするなどの効果が期待できます。

ただ我慢をし過ぎると精子にも精神的にもよくないので、7日サイクルで性欲が煽られたらリセットするようにすると、無理なくすっきりすることができるでしょう。

オナ禁と男性ホルモンって何か関係あるの?

オナ禁すると体臭が良くなったり薄毛が改善されたり、肌が綺麗になったりと様々な効果が得られます。

このオナ禁と密接な関係を持つのが男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌量であり、テストステロンが増えると良い作用をたくさん得られるようになります。

テストステロンの持つ効果としては筋肉や骨格の形成や性器の発達、幸福感ややる気のもとになるドーパミンの分泌量の促進、脳機能の向上、老化防止があり、女性のモテたち人には女性を振り向かせるようなホルモンを放つ作用も見逃せません。

このテストステロンを増加させるためにはオナ禁をするのが効果的であり、もっとも増加するのは7日目とも言われています。他にも筋トレをすると増やすことが可能です。